(1)プロポリスとは

プロポリスとは、
セイヨウミツバチが野外で採取した植物の樹脂などを
自分の内分泌液(唾液など)と合わせて作られたもので、
同じく健康食品として有名なロイヤルゼリーやハチミツとは、
まったく別なるものです。

また、プロポリスは、ロイヤルゼリーやハチミツのように
多くを採取することができないので希少価値の高いものです。

ミツバチにとってのプロポリスの役目は、
巣の補強や巣の内部を無菌状態に保ったり、
外部からの有害物質の防御することです。

このプロポリスの場合、
セイヨウミツバチのみが集める習性をもち、
日本のミツバチ等トウヨウミツバチはプロポリスを集めません。

さらにプロポリスは、
ミツバチが野外で採取した植物の樹脂を元に作られますので、
その地域の植物の分布状況により、
作られるプロポリス成分も違ってきます。

だから、どこ産のプロポリスということも重要になってきたりします。

世界的には
ブラジルやオーストラリア、ニュージーランド産などのプロポリスが有名です。

また、サプリメントとしてプロポリスは、
錠剤をはじめ、ドリンク、キャンディ、のど飴、スプレー、歯磨き粉、石鹸、クリーム等
いろいろな形で販売されてます。

日本では、山田養蜂場、林原、DHCなどが
積極的にプロポリスの販売をおこなってます。

そんな健康サプリメントとして人気のプロポリスですが、
では、具体的に、プロポリスの効用はどのようなものなのでしょうか。

また、プロポリスの服用による副作用はないのでしょうか。
それらを以下にまとめてみました。

(2)プロポリスの効用

プロポリスには、
フラボノイドをはじめ各種ミネラル、
ビタミン、アミノ酸、フェノール酸等、
健康増進に必要ではあるけれども
普段の生活では、なかなか採ることできない栄養素が
多く含まれているので
健康増進、健康維持、免疫力向上に効果があるといわれてます。

癌予防、さらに最近の研究では、
癌細胞を退治する効果もあると言われて、

実際、肺癌、胃癌、肝臓癌などで
効果を表した臨床例も報告されてます。

(3)プロポリスの副作用

プロポリスの副作用

プロポリスの副作用としてよく聞くのが、
皮膚への副作用、アレルギーです。

のどスプレータイプのプロポリスをのどに噴射した後、
痒くなり、のどが赤くなったとか、
プロポリス服用後、ピアスの穴とかが腫れ上がったとかなどです。

なかでも、特に注意が必要なのが、
妊娠中の妊婦や乳幼児です。

上の説明で、プロポリスは、
ミツバチの巣の内部を無菌状態に保ったり、
外部からの有害物質の防御すると書いたような機能がありますが、

ミツバチはもちろん、免疫力がある大人にとっては問題ない物質であっても
免疫力にない妊娠中のお腹の中の赤ちゃんや乳幼児には
有害な物質も含まれてたりするので注意が必要です。